1

ピエール、パワーストーンを語る(持論)

パワーストーンが好きな方も
そうでない方も
あらっ、マクラメ語りは?と思った方がいたら嬉しいけれど、世間はお盆休みだし、お盆らしいネタで語ってみようかな、と思い立ったピエールです。
要はスピリチュアルとか言われてる方向の話です。

■ピエールの石の語り方

今まで、石のパワーがどうとかってあんまり主張したことがないのですが、その理由としては「見えないパワーより見える造形が先でしょ!」という気持ちがあるからです。
手作り市に行っても、パワーを気にしそうな人にはそっちの話も入れつつ、どちらかと言うと鉱物のお話をすることが多いです。ターコイズブルーはアルミですよ、とか。アクアマリンとエメラルドは同じ鉱物で混ざり物がちょっと違うから色が変わってるんですよ、とか。

自分がもともと模様や造形が好きになって石の世界に入った人なので、石が持つパワーって二の次だったし、マクラメ作り始めて数年は、パワーストーン語りをする人から逃げてましたし。でも結局逃げても遭遇率は高まる一方なので諦めて受け入れた感じです。
あと、自分自身が「悪い石」に遭遇して痛い目にあったこともあり、ちょっとパワーも気にした方が良いと思い立って今に至ります。

■パワーの見分け力

今は、ざっくりいい石わるい石の見分けはつきます。
パワーアップ系・お守り系・癒し系の系統も掴めます。たまに「個性的なパワーの石がお好きなんですね」って言われることはあります…言った人が知り合いだと越後屋風に「いやいや、お代官様ほどでは…」と返したくなる時がありますが(笑)
欲しい石があった場合、いくつかある中でこれは…!というパワーがあるのを選びますし、無かったら他の店をあたります。
そして、石は石屋で買います。これピエールの鉄則。

■石の意味は気にしますか

石の意味は気にしません!
いっときはパワーストーン辞典みたいなのを買って読んで覚えてた時もありましたが、ある時気付いたことがありまして。
大体書いてること同じなんですよね、どの石も。
だから1個1個覚えるのが余計な労力に思えて、以来意味は覚えずにパワーだけを見るようになりました。
でも、例えばひと口に癒し系の石と言ってもホンワカ気分に浸れるものとか、水で洗い流すような感覚があるものとか、色々あるんですよね。そういう感覚をそのまま言葉で伝えることが多くなってきてるこの頃です。

■パワーストーン、信じてる?

信じる・信じないの2択で済む話でもないですよ。
この石を買ったらこんなことが…!みたいな霊感商法をやる気はなく、例えば手作り市で「買ったら良いことあるの?」って聞いてくる方は極力買わずにお帰りいただく方向に持っていきます。
あくまで主体は「わたくし」であって、ちょっと力添えが必要な時、無意識に石を見てしまう時、そんな時にちょっと力を借りるか、って感じでサポートとして身に付けるのがいいのでは、というのが持論です。もちろん、気に入ったから身に付けるもOKです♪
「石に呼ばれた」って台詞を聞いたことある方もいるかもしれませんが、あれは結局、自分が選んでるというのがピエール論(笑)で、たまに小道具使って石のパワーを読み取る人がいますが、見たことある方はお気付きでしょうか。あれ、自覚出来ない程度の力で動かしてるんですよね。だから、結局自分自身で決めてるんですよ。

■パワーに気付くようになった切っ掛け

もともと、第6感があったのかと言われると、そんなエピソードは全然出てこない人なんです。でも、前段で触れた「悪い石」に遭遇した経験と、いいタイミングでパワーが分かる人に出会って教えて貰えたのが切っ掛けで気付けるようになりました。
その具体的な話は次回にしようと思います。

+-+-+-+
紐石屋ネットショップはこちらから

毎月第4土曜日10:30~12:30、近鉄文化サロン阿倍野でマクラメ教室開催中!
見学や体験教室もできますよ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

One thought on “ピエール、パワーストーンを語る(持論)

Comments are closed.